切文字専門サイト公式ブログ

切文字専門サイトが製作した切文字の参考写真やお客様の声を随時更新させて頂いております!

切文字専門サイトが製作した切文字の参考写真やお客様の声を更新させて頂いております。

ボルトってこんな感じです!

はじめに

なかなかネタがなく、なんと今回が令和一発目のブログ更新です😅今回は、ボルトのご紹介をしようかと思います!ネタが無い感じが伝わりますかね😭

 

ボルトってこんな感じです👇

f:id:kanbanmart:20190516110059j:plain

爪がスジスジ…😖

 

このボルト、金属切文字(浮かせ・ベタ共に)、アクリル切文字(浮かせ)・MDF切文字(浮かせ)で使います!

こちら👇はアクリル切文字ですが、ボルトが刺さっていますよね。ちなみに一番左側の小さな部品は浮かせパイプです。

f:id:kanbanmart:20190516110657j:plain

 

ボルト加工は一文字一文字やります。文字の形状・重さ・サイズによって、ボルトの本数や位置を調整しなければならないためです💪

 

おわりに

ということで、今回はボルトの紹介でした〜!

切り文字って浮かせるとカッコいいですよね〜🎊浮かせて取り付けることで、光の当たる場所では影のとのコレボレーションも🤗お試し下さい🎉

【カルプ文字】先端が細いと破損しやすいのです…

はじめに

カルプ文字、というか、カルプの素材感って分かりにいですよね。硬いのか柔らかいのか…?

ということで、動画を撮ってみました!先端が細いと破損しやすいのですが、それがよく分かって頂ける動画になっています😱

 

先端が細いって、こんな感じです

f:id:kanbanmart:20190422173401j:plain

もうすでにちょっと透けてますよね😭

 

動画はこちら👇

 

指でぷにぷに押してます。

これ、屋外に設置したりすると、ここから駄目になっていきます😓

 

ちなみに、細い文字はポキっと折れるんですが、そちらの動画も撮ってみました。

 

おわりに

ということで、カルプは太め推奨です🙏

細い文字の場合は、金属切文字やアクリル切文字、カッティング文字がおすすめです。 

【製作事例】カルプ文字の側面塗装は調色して近似色で仕上げます【実例写真】

はじめに

看板マートではカルプ文字の側面塗装を標準で対応しています。どんな色ならできるのか?ということですが、基本的には調色してご指定の近似色にて仕上げます😉

お色指定に関しましては、日本塗料工業会様の色見本ナンバー、DICやPANTONEなどでご指示下さい👍

今回は、掲載についてご快諾頂きました。ありがとうございます🙏製作事例を交え、実例写真とともにお伝えします🎉

製作事例はこちら👇

今回は、表面は表面塩ビインクジェット出力シート貼りでそれぞれDICにて色のご指定をして頂きました。

塗装前

f:id:kanbanmart:20190412135400j:plain

表面に指定色のシートを貼り、保護のため和紙もその上から貼ってあります。

側面はまだ塗装前で素地です。

f:id:kanbanmart:20190412135537j:plain

 

塗装後

f:id:kanbanmart:20190412135629j:plain

じゃーん、ということで近似色にて側面を塗装致しました。

これ、この色ドンピシャの塗料があるわけでなく、いろいろと混ぜて表面のシートに近い色を作って塗っているんです😳このように、色を合わせることを調色といいます。

 

みなさんも、小学生の頃に絵の具を混ぜてキレイな色にならないかな〜って試しませんでしたか🎨?

 

取付原稿もあります

下に敷いてあるのは、取付原稿です。取り付けたい位置に、コチラの原稿を貼っていただいて、穴から鉛筆などで目印を書いて頂くと、カルプ文字の取り付けがスムーズですよ〜😉

f:id:kanbanmart:20190412140828j:plain

 

取付原稿については、こちらにも詳しく記載しております🤗

blog.kirimojisign.com

blog.kirimojisign.com

 

おわりに

今回は、カルプ文字の側面塗装、とくに「調色しているんだよ〜」ということについての記事でした💪

 

製作事例への掲載をご快諾いただきまして、誠にありがとうございました😆

カルプ文字に興味が出てきたな〜という方、こちら👇にリンク置いといきます😁

カルプ切文字|切文字専門サイトby看板マート