切文字専門サイト公式ブログ

切文字専門サイトが製作した切文字の参考写真やお客様の声を随時更新させて頂いております!

切文字専門サイトが製作した切文字の参考写真やお客様の声を更新させて頂いております。

【製作事例】アクリル切り文字の青をご紹介します

はじめに

前回、アクリル切文字の赤をご紹介致しました。今回は青をご紹介致します!カラーアクリルは表面と切断面(小口)が同色なのでとても綺麗な仕上がりです。

掲載の許可を頂きました😉ありがとうございます!

カラーアクリルの注意点

今回はNO12.青ツヤ有りです。

カラーアクリルは写真で見た場合と実際に見る場合とでは、印象が異なる場合がございます。理由としては、写真を見るモニター環境・取り付け位置の環境の差異です。

以上の点、予めご了承ください。

 

写真はこちら!

f:id:kanbanmart:20190902104843j:plain

 

f:id:kanbanmart:20190902104857j:plain

切断面もきれいに同色です!

 

f:id:kanbanmart:20190902104951j:plain

ツヤ有りなので、強い光が当たると反射しますよ!

 

その他の写真

f:id:kanbanmart:20190902105102j:plain

製作保護用の和紙を剥がしているところです

f:id:kanbanmart:20190902105204j:plain

アクリルを傷つけないよう慎重に剥がします

f:id:kanbanmart:20190902105252j:plain

完成です!

ちなみに、白い紙は取り付け原稿です。

取り付け原稿を取付面にマステ等で貼り付けて頂き、原稿にあわせてアクリル切文字を貼り付けていただくと、きれいに取り付けられます🤗

取り付け原稿についてはこちらの記事もおすすめです👇

blog.kirimojisign.com

 

おわりに

ということで、カラーアクリルNO12.青ツヤ有りの製作事例をご紹介致しました!カラーアクリルは、たくさんラインナップしていますので、ぜひぜひご検討ください🤗

 

アクリル切文字|切文字専門サイトby看板マート

 

 

逆パターン?の切り文字をご紹介します【アクリル切文字】

はじめに

アクリル切文字は、製作時に傷がつかないように和紙を貼って保護しています。出荷前に和紙を剥がします。今回は「抜き文字」で制作したので、文字のほうが不要になってしまいました。

珍しいパターンだったのでご紹介します😁

 

製品部分の和紙を剥がします

f:id:kanbanmart:20190829131724j:plain

f:id:kanbanmart:20190829131747j:plain

「命」という文字ですが、白い部分が不要部分です。いつもと逆です。

 

f:id:kanbanmart:20190829131802j:plain

この細かいパーツは普段なら不要部分ですが、今回は製品パーツです。右上の「革」も通常は製品パーツですが、今回は不要部分です😅

 

上の画像の細かいパーツを、こちら👇にはめ込んで取り付けていただくと「命」の文字が抜きで表現されます!

f:id:kanbanmart:20190829131813j:plain

 

おわりに

ということで、珍しいパターンのアクリル切文字をご紹介しました!

 

www.kirimojisign.com

【お客様の声】岡村FP事務所さまの金属切文字を製作致しました

はじめに

岡村FP事務所さまより、金属切文字の取り付け完了のお写真をご送付頂きました。掲載についてもご快諾下さいましたので、早速ご紹介させて頂きます🤗

この度は、ありがとうございます!!

 

お写真はこちら

f:id:kanbanmart:20190819143733j:plain

f:id:kanbanmart:20190819143744j:plain

本日取り付けが完了致しました。

自分で穴あけをしたので完璧とまではいきませんでしたが

思ったよりは正確に取り付けられたかなと思います。


別の位置等またお願いすることがあればその時はどうぞ宜しくお願い致します。

 

P.S.

取り付けた写真を添付させて頂きます。

ありがとうございました(*^^*)

 

金属切文字の取り付けをご自身にて施工していただきました。

とてもきれいに取り付けられており、オレンジ色が背景のコンクリートや青空にも映えていて、とても素敵です😉

 

ちなみに、今回の岡村FP事務所さまの金属切文字はステンレス3mm厚です。そして塗装はオレンジ(日塗工番号12-50V)ツヤ有りです😉

取付けについては、今回は、浮かせ付けにて取り付けて頂きました。

取付方法は こちらに手順をまとめてあります👇

www.kirimojisign.com

ご自身で取り付けることで、より愛着が湧きますよね😍

 

おわりに

今回はお客様から取り付け後のお写真をお送り頂きました。私どもが製作している時は「文字」でしかない切文字ですが、お客様の手に渡り、取り付けられることで「看板」としての命を吹き込まれたように感じます👌

 

ということで、金属切文字の製作事例及びお客様の声のご紹介でした!

岡村FP事務所さま、ありがとうございました🥰